薬とサプリメントとの飲み合わせの問題がないことを確認して、使うようにしましょう。<br>



事前に担当医に話をして! サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを使う時は飲み合わせについて考える必要があります。
栄養摂取を目的に、サプリメントの利用者が増加中です。
薬との飲み合わせに注意しなければならないサプリメントがあります。
サプリメントには薬との飲み合わせによっておこる相互作用というものがあるからです。
どういったものを飲んでも、サプリメントであれば大丈夫というわけではないので、要注意が必要です。
青汁とワーファリンなどの血栓予防薬の飲み合わせには要注意です。
血液を凝固させるビタミンKが、青汁やクロレラには多く含まれています。
そのためワーファリンと併用すると、薬の効果が弱くなってしまいかねません。
サプリメントで鎮静効果がある成分を摂取している人が、経口避妊薬を使っていると、避妊作用が弱まる場合があります。
抗うつ剤との飲み合わせも脳内で抗うつ薬の作用が増強されてセロトニン症候群という副作用が起こる可能性があるので気を付けましょう。
このようにサプリメントには薬との飲み合わせによってかえって健康を害してしまうようなものがあります。
いつも飲んでいる薬がある場合、事前に担当医に話をしてから、サプリメントを使うようにすると安心です。
サプリメントの製造会社の中には電話での相談窓口を設けているところもあります。





しっかり調べてから! 飲み合わせでサプリメントの効果アップ
プロポリスなど担当医に相談! サプリメントの上手な飲み合わせについて
事前に担当医に話をして! サプリメントと薬の飲み合わせ



(C)事前に担当医に話をして! サプリメントと薬の飲み合わせ